広報勉強会@イフラボ
By Fumihiro Naganuma Follow | Public

広報勉強会@イフラボ、主催者・講師の長沼と申します。この勉強会は「お茶の間にもリーチする露出戦略から逆算した広報活動」をテーマに掲げ、2017年1月にスタートした勉強会で毎月開催しています。大学、地方自治体、企業内講師などでの講座も含めると計100回以上、延べ2,500人以上のPR担当の方にご参加いただいてきました。

広報勉強会@イフラボには900名超のフォロワーがいらっしゃるのですが、メンバー構成としては、スタートアップ、大手企業、学生起業家、報道機関、官公庁、地方自治体職員、さらには観光協会の方など幅広い層の方にご参加・フォローしていただき参加者同士の繋がりも深まっています。私自身がブロックチェーンの業界団体の運営に関与しているので、仮想通貨関係の会社からの参加者も多いです。

講義の内容は、一年間で広報担当としての知識を一通り身に付けることができるように、上半期に攻めの広報、下半期は守りの広報、といったカリキュラムにしていて毎回私が講義をしています。これとは別に2018年1月からオンラインサロン(Facebookグループ「広報勉強会@イフラボ」)も運営していて、そこでは日々の報道から垣間見れる広報担当の動きやメディアの特性などを解説しています。

基本を大切にした講義を心がけておりますので、毎月の講義では明日から実践できることを皆さんと共有しています。また1年間のカリキュラムを通じて、メディアに対するお作法やリスクが発生したときの広報担当の振る舞い方なども解説していて、末永く広報パーソンとして活躍できる知見の習得と広報マインドを高める教育に徹しています。真剣に広報活動に取り組みたい、社会が求める情報をタイムリーに発信したい、という志の高いPRパーソンの皆さんは是非ご参加いただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

<講師プロフィール>:長沼 史宏(ながぬま ふみひろ) ※公益社団法人 日本PR協会認定 PRプランナー
アステリア株式会社(旧社名:インフォテリア)、広報・IR室長。一般社団法人ブロックチェーン推進協会、広報部会長 兼 事務局長も務める。日本電産サンキョー、YKKなどの大手製造メーカーで10年以上の広報・IR担当としてのキャリアを積み、バンクーバー冬季五輪ではメダルを獲得したスポーツアスリート(日本電産サンキョー所属)のマネジメント業にも従事し企業スポーツを通じた企業PRも展開。その後、IT業界へ転身し、テレワーク、LGBT、FinTechなど旬の話題に絡めたPRを通じて業界特有の難解なテーマでも“お茶の間”にリーチする話題づくりで実績を重ねる。2016年4月に発足した(一社)ブロックチェーン推進協会では事務局長と広報部会長を務め、広報担当としてブロックチェーン技術の普及推進、スタートアップPR支援などの活動に従事。2017年1月に立ち上げた勉強会「広報勉強会@イフラボ」には900名以上がフォロー中。他社主催勉強会、地方自治体での講演、大学での講師なども精力的にこなしている。